デジャヴと前世の記憶

 

blueflower_450x300

デジャヴとは「この景色またはこの感じを前にも体験したことがある」という感覚のことです。前世で見た景色だからそう感じるのかもとか、前世でも経験したことかもしれないと思うとしっくりくるのは、魂の中の前世の記憶に一瞬触れた瞬間だからかもしれません。

人生の中で出会う人達も同じようなことが言えて、初めて会ったのにとっても懐かしい感覚だったり親しみがあったり、反対に何だかムカつくという感覚であったり、あるいは一目ぼれの様な出会いなども、前世で出会い、しかも何か濃い人生の学びの時間を共有した人達、ソウルファミリーです。

親しみなどのあたたかい感情ならば受け入れやすいのですが、憎しみなどネガティブな感情で関わる人達がどうしてソウルファミリーなのかとなかなか受け入れられないこともあります。

出会いと別れを繰り返していろんな人と関わり合いながら成長する中で、自分に強いネガティブな感情を持たせる人はやはり縁の深い関係者です。「これでもか!これでもか!」というほどこちらの感情を連続して逆なでられる感覚もこの方達の特徴ではないでしょうか!

また性格や才能も、ある意味魂の記憶が反映されていて、例えば、いきなりなんでもできる才能や天才的な感性などは、前世でしていた体験やセンスが存分に活かされている、あるいは宇宙界や天使界にいた時の魂の記憶の影響からなどと思うと妙に納得してしまいます。

反面で、なぜか繰り返してしまう思い癖、どうしても止められない思考・行動パターンもあります。同じパターンが来ても、心の引っかかりがなくなるまでとことん学んでいくのも、人としての成長と魂の学びにどうしても必要だからあるのです!

なぜこんなにも人生は苦しいのか、自分ばかりこんな目に合うのかと苦しみの塊になってしまうかもしれません。でも「天は耐えられないような試練は課さない」と言われます。生まれてくる前に自ら課した“限界ギリギリ”の試練です。押しつぶされそうな自分を感じながらも正面から向き合っている心意気も試されている気がします。

また、この言葉には続きがあり、「試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道も備えてくれている」のです。目には見えないけれど、天界の癒しや天界のマスターのアドバイスそして天使達や魂の記憶など実は全面サポートをしてくれ見守ってくれているのです。この世知辛い世の中でそう思うとなんだか心が救われる気がします。

いろんなことに動じない心、とらわれない心は尊いものですね。

カテゴリーのトップに戻る  ボタン_コラム