性犯罪被害者の心の傷

ヤシの木と海_250x200

今週ベテラン女優さんの息子さんが起こした強姦致傷事件がありました。お茶の間でよく知られた加害者に報道が向きがちですが、それがテレビで流れるたびに性犯罪被害者の心の傷は大丈夫だろうかと心配になります。

今回の様な身の毛もよだつような性犯罪レイプの被害者は、なかなか声を上げられず我慢して泣き寝入りしてしまうことが多いです。人に知られたくない詮索されたくない、もうなかったことにしたいなどその心の傷の深さは計り知れないものです。ましてや犯人の名前も顔も状況も聞きたくもないし、知りたくもないと思います。

頭の中で何度も蘇るシーンに苦しんだり、時が経って忘れたつもりでも、似たような状況や何かのきっかけで、身体や心の拒否反応が突然現れるようなトラウマとなり日常生活にも支障をきたしてしまうこともあります。心を失い、心の傷を埋めるように、恋愛などを繰り返すなど自分を傷つける行為に依存してしまうこともあり、心を殺されたと言っても言い過ぎじゃないと思います。

被害者は孤立しがちで、また早く元の普通の生活を取り戻そうと焦る気持ちでどうすればいいかとその対処法を探る日々を送っているかもしれません。いろんなことを始める前に、自分の心の傷をまずゆっくりと癒して回復することに目を向けてほしいです。

少しずつでいいから、頭の中や心の中で繰り返している事柄や自分で受け止めきれないものを信頼のおける人や専門家に話していくことが本当に大切です。

目に見えないたくさんのサポートが天界から差し伸べられていることに気付いて下さい。そうしていく中で傷ついた自分を受け入れトラウマや自分を責める行為から解放されて魂から癒されて、少しずつ前を向いて自分の人生を生きていきましょう。

カテゴリーのトップに戻る  ボタン_コラム