人の顔色をうかがってしまうのは…

ラベンダー_400x266

家族関係やパートナとの関係、友人関係などについての悩みは尽きないです。
関係が深ければ深いほど、前世から含めて、悩みの根深さも比例すると言えるかもしれません。

モラハラの関係を紐解くにつれてわかってきたのは、すべてを否定する相手に「受け入れてほしい。分かってほしい」と頑張っていた自分の思いでした。そして、相手側は「愛のある心休まる居場所がほしい。すべてに満足できない。お前のせいだ。」という思いでした。

すべての人間関係にいえることですが、相手の機嫌を損ねないようにと細心の注意を払って、相手のことだけを思い、自分の行動を決めているとしたら・・・とても苦しくなるばかりです。

それは、自分自身を心の隅に追いやって、相手の過去の反応や自分の経験から、こう考えているだろうと一生懸命に予測したり考えるたりすることは、相手と同化するようなもので、相手の苦しみのエネルギーを頂いているのと同じことです。吸い取ってあげることで、多少相手は気が晴れるかもしれませんが、その分自分自身をキューっと締め付けて苦しめているだけです。

こういうパターンを持った方は多くみられます・・・これも思い癖ですね

自分が全部飲み込んでしまえばいいと引き受けて我慢しすぎてしまうと、自分のキャパを超え、自分を責めていた心の矢印の向きが、いつしかあらぬ方向に変わってしまうことがあります。

妄想だけで済めばまだ良いのですが、その方向が物だったり、人だったりに向かってしまうと、それによってもたらされる現実に後悔し、更に苦しんでしまいます。でも見方を変えれば、この苦しみのパターンを終わらせる時が来たとも言えます。だから天界のヒーリングRで癒しながらゆっくりと手放していくのです

いろいろなパターンを終えて魂の成長として学びながら、ささやかでもいいから、楽しく元気に自分らしい人生を前向きに生きていくのも天界のミッションに入っているはずです。現実にはいろいろあったとしても、心の中が穏やかで平和でありたいと思うこの頃です。

**********************

カテゴリー「天界と魂と思い癖のこと」のトップへ戻る