人を変えようと思っても…無理

370x246_あじさい

「自分が変わりたいと思えば、自分を変えることができる。でも、人を変えることはできない。」と言われますが、本当にその通りですね。

どうして自分だけが変わらないといけないのか、
どうして自分だけが我慢しないといけないのか、
どうしてこんな目に合わないといけないのか、
どうして自分ばかり不幸で、どうしてそんな感じなんだ…とか

この抜け出せない「どうして」には恨みや失望、執着の無限のループが隠れています。

2時間ドラマの犯人みたいに、それが恨みつらみで執着に変化して、究極的に、同じ目に合わせたい…とか、あの邪魔な人さえいなければ…とか、本当に“どうして”が積み重なるとろくなことがなく、もっと恐ろしいエネルギーに近づき、自分の魂も蝕まれていくようです。

一方で、黒いエネルギーをぶつけられる対象になってしまったら、それこそどうするか。

自分の心や身体を犠牲にして耐え続けてはけ口になってもその相手を救ってあげることはできませんし、その相手と自分が同じレベルになって衝突するのもやめた方がいいです。

また、そういった状況になると、ぶつけられた本人なのに、その事実を隠そうとか、自分がおかしいからだとか、人に話してはいけないとか考えてしまい孤独になり自己犠牲の無限のループに陥ってしまいます。

相手があって湧き上がってきた感情でもあるので、過去の嫌な出来事、最悪になることへの心配や怖れなどネガティブな考え事でいっぱいになったり、頭の中の独り言が止まらなくて、考えたくないのに、自動的にあらゆることをそこに結びつけてしまうこともあります。

悩みが人間にピントが合ってしまうと本当に苦しいです。(少し横道にそれますが、“自分が変われば人も変わる”というような、人を変える為に自分を変えるというのは人間にピントがより合うので更に苦しいと言えます。)

 

でもとりあえず“仮で”考えてみると・・・その人が変わってくれたり、感謝してくれたり、すべてを悔い改めてくれたら本当に良いと思うけれども、その可能性はかなり低いですよね…自分の目の前でとなるとほぼ無理かも…の状態。

物理的・精神的にもうそこから離れて、こちらが思うように人は変わってくれない!と諦めるのも大切です。

傷ついた自分がずっと握っている悲しいイメージを擦り切れるまで繰り返さなくていいのです。何度も苦しめられて、その解決の糸口を探してもっと深い魂レベルで天界にたどりつく方々もたくさんいらっしゃいます。

天界の勉強をしている時に、『生まれてくる前に天界のマスター達とある程度どういう人生にするのか青写真みたいなものを決めてきている』と学び妙にしっくりときたのを覚えています。自分でソウルファミリーも天界の学びも全部決めてきたのならば、自分を悩ませ続けている思い癖とやらを終わらせたいととその時思いました。

魂の思い癖など過去世からの理由が、いろいろ分かってくると納得できます。天界のヒーリングRでいろいろ思い癖が癒されると、しつこいネガティブな考え事や頭の中の独り言の癖も終わり、だんだん静かでクリアで安らかな時が流れ始めます。

ゼロか100かではなくて、天界の愛を感じてゆったりと心の中が自由で自然体でいられることは何よりも尊いと思います。

天界に帰るまで何がどうなるかなんてわかりません!

自分の人生なのだから、自分の為に生きることに全力でいられるようになりたい!という気持ちに寄り添い天界のセラピーを通してサポートしております。

カテゴリーのトップに戻る  ボタン_コラム   ホームページトップに戻るhomeボタン